事務局のページ
■三河高原トレイルランニングレース 事務局(スタッフ専用)

■オリエンテーリング行事賠償責任保険 →申請書のダウンロード

行事賠償責任保険とは、参加者あるいは第3者から損害賠償を請求された際に適用される保険。(傷害保険ではありません。)
JOAが保険会社と契約するもので、各会員(県協会)は年間3000円の負担金を出し、年間、何回でも保険をかけることができる。
県協会に加盟している団体(クラブ)が独自に開催する行事においても申請することができる。

申請者は「オリエンテーリング行事開催届」に必要事項を記入し、開催1週間前には県協会を通じてJOAに提出する。
    サイズはB5であるが、A4用紙に印刷した場合はそのままで可。
    JOAから、保険にかかった旨の葉書が県協会に届く。
行事終了後、申請者は「オリエンテーリング行事完了報告書」に必要事項を記入し、県協会経由でへ提出する。
    サイズはB5だが、用紙に印刷した場合はそのままで可。

■事業委託

愛知県協会の主催事業を各クラブ、個人、実行委員会へ委託する場合の規程・関係書式を掲載します。
(平成24年11月17日理事会議決にもとづく)


●事業委託規程 ●事業委託取り交し書  ●事業委託完了報告書
              
Q&A
Q:各クラブが開催する大会でも取りかわしが必要ですか?
A:各クラブが独立して行う大会は取りかわし不要です。愛知県民大会やスポレク大会、愛知県選手権など主催者が愛知県協会である大会等を
 各クラブへ委託する場合に起票します。

Q:委託取りかわし契約書は各クラブで記入するのですか?
A:委託取りかわし契約書は県協会事務局から各クラブあてに発行されます。完了報告書は各クラブで記載してください。


Q:委託タイプTとVはどう違うのですか?
A:タイプTは会計も含め進行を県協会で行います。各クラブ(主管者)は、競技の準備運営のみをお願いし、必要な経費を県協会から各クラブへお支払します。
 タイプVは会計も含め、すべて各クラブ(主管者)が行います。県協会には収支計算のみ報告となります。赤字になった場合も県協会から補てんされません。
 タイプUはタイプVの変則で、各クラブでできない部分を県協会が代行して行うものです。例えば、渉外、要項作成など。
 その場合、県協会で必要となった経費(交通費、印刷費など)は各クラブより県協会へ支払っていただく必要があります。


Q:県協会所有の地図(たとえば作手の地図)を使用する場合でも地図代が必要ですか?
A:タイプU、Vの場合、印刷実費としてA4、1枚50円を県協会へ支払っていただく必要があります。
  基本的に、オンデマンドでのコース印刷済の地図をお渡しすることになります。
 タイプTの場合は、必要な地図は県協会にて用意します。


Q:クラブでないと取りかわしできませんか?
A:正式加盟の団体会員(各クラブ)のほか、実行委員会形式(有志が集まり運営する場合など)も同様に取りかわしします。


Q:完了報告書はどこへ送付したらよいでしょうか?
A:愛知県協会事務局へ郵送願います。


■愛知県オリエンテーリング協会へ後援申請する方へ
  後援申請書


■実費弁償に関する規程

■定款

■三河高原トレイルランニングレース 事務局(スタッフ専用)

■理事会議事録
2017_05_27平成29年度第2回
2017_04_15平成29年度第1回
2017_02_25平成28年度第5回
2014_08_09平成26年度第3回→PDF
2014_09_09平成26年度第3回トレランに関する→PDFトレラン 
  これの編集用エクセルファイルは2014_08_09TrailRun2014.xlsxトレランスタッフのページにあります。
2014_05_16平成26年度第2回→PDF2nd