県主催行事の事業委託契約に関する規程

 (目的)
第1条 この規程は、県主催事業の委託形態と経費の取扱いについて定める。

 (対象となる事業)
第2条 「県主催事業」とは、(特非)愛知県オリエンテーリング協会(以下「県協会」という。)が主催または主管する事業であって以下のものをさす。
 (1)愛知県民オリエンテーリング大会(通常春開催)
 (2)愛知スポーツレクリエーション大会(通常秋開催)
 (3)その他、総会にて議決された大会等

 (運営形態)
第3条 運営形態は3種とする。
 (1)運営形態T
    渉外・要項・会計を県協会が管理し、運営を主管団体へ委託する。
 (2)運営形態U
    渉外・要項を県協会が管理し、会計・運営を主管団体へ委託する。
 (3)運営形態V
    会計・運営等全てを主管団体へ委託する。
       この場合、運営の委託先は複数団体でもよいが会計の委託先は一団体に限定する。
       県協会として運営の一部を受けもつ場合があるが費用は委託先に請求する。
       なお、参加者募集のための費用(要項印刷、配布費など)はこの限りではない。

 (経費の取り扱い)
第4条 各形態における経費の取扱いは以下の通りとし、支出が収入を超える場合は双方協議し負担割合を決定する。
 (1)運営形態Tでは県協会から経費を主管団体に支払う。
 (2)運営形態Uでは主管団体から県協会へ経費を支払う。
 (3)運営形態Vでは主管団体一意とする。県協会が運営の一部を受け持つ場合の費用は主管団体に請求する。
    なお参加者募集のための費用(要項印刷、配布費など)はこの限りではない。

 (委託の手順)
第5条 委託事業の手順は以下とする。
 (1)委託にあたり、県協会は委託契約書を該当主管団体へ発行する。
 (2)運営形態U、Vにおいては事業終了後、事業報告書・事業決算書を提出する。
 (3)運営形態Tにおいては事業終了後、県協会は事業報告書・事業決算書を委託先に提出する。
 (4)事業報告書・事業決算書を受け、費用を精算する。

附則
1.この規程は平成13年4月1日から施行する。
1.この規程は平成24年11月17日から施行する。